本文へスキップ

    家庭の中にモータースポーツを!!

TEL. 0299-23-4548

〒315-0028 茨城県石岡市半の木11210-1

2019テクノカップ開催概要HEADLINE

2019テクノカップ大会規則書

はじめに

当サーキットで行われるすべてのレースは、モータースポーツをより深く理解し楽しむことを目的とし、モータースポーツの普及を図るとともにルールやマナー、技術の向上が参加者全員が楽しみながらできることを目的とを目標としています。

参加者はレースを通じて正しいスポーツマンシップを理解しお互いの親睦を願って開催されます。

また、当サーキット主催のレースでは【遊び】を目的としていますので、決して【怒らない】【暴言を吐かない】【他ドライバーに迷惑をかけない】この3か条を守れる方に限ります。

 

 

第1章 開催概要

レース名称

 2019 テクノカップ(シリーズ戦 年10戦)

 ※レンタルクラスは年5戦開催

 

開催場所・日程

      開催場所:オートランドテクノ

        茨城県石岡市半の木11210-1

        TEL/FAX0299-23-4548

第1戦

2月3日

第6戦

7月7日

第2戦 

3月3日

第7戦

9月1日

第3戦

4月7日

第8戦

10月6日

第4戦

5月5日

第9戦

11月3日

第5戦

6月2日

 第10戦

12月1日

 

日程・スケジュール

※赤文字がマイカートクラスとレンタルクラスの同時開催となります。

 

 

 

 

タイムスケジュール

12:30~

 受付開始(時間厳守)

13:00~

 ブリーフィング(全ドライバー参加義務)

13:15~

 レンタルクラス公式練習(10分間)

13:30~

 マイカートクラス公式練習(10分間)

13:45~

レンタルクラスタイムトライアル(5分間) 

13:55~

 マイカートクラスタイムトライアル(5分間)

14:10~

 レンタルクラス予選ヒート(10周)

14:30~

 マイカートクラス予選ヒート(10周)

14:50~

 レンタルクラス決勝ヒート1(12周)

15:10~

 マイカートクラス決勝ヒート1(12周)

15:30~

 レンタルクラス決勝ヒート2(12周)

15:50~

 マイカートクラス決勝ヒート2(12周)

16:15~

 表彰式

 

 

第2章 参加申し込み

 

参加資格

原則として中学生以上の健康でカートを運転する上で支障のない方。かつ下記の条件を満たす方

① 大会規則並びにそれに付随する規約に対して理解、同意を尊守する事のできる方。

② オートランドテクノの会員又は主催者が認めた方のみ参加資格を与える。

③ オートランドテクノで走行した事のある方。かつ、ルール、マナーをしっかり守り安全に楽しく参加できる方。

④ 当サーキットが認めた者。

 

エントリー数

レンタルクラス   最大16名

 マイカートクラス 最大15台 

 2クラスとも参加人数が4名未満に場合は不成立とする。

                      

参加受付・参加料金・エントリー方法

先着順とし前戦終了時より受付開始。

各クラスとも定員になり次第締め切ります。

開催日3日前までにエントリー数に満たない場合は不成立とする。

 ・参加料金はレース1週間前までにテクノ指定銀行にお振込みになるかオートランドテクノで直接支払って下さい。

水戸信用金庫 石岡中央支店 (普)3031790 オートランドテクノ代表タサキエイイチ 

※恐れ入りますがお振込手数料はご負担下さい。

 参加料(消費税含む)は次の通りとする。

・レンタルクラス  メンバー 7,000円  ビジター 8,000円

・マイカートクラス メンバー 6,000円  ビジター 7,000円

  Wエントリーされる場合は、合計金額より-1,000円

  ※当日エントリーはメンバー、ビジター共+1,000円

  ※各クラスとも参加台数が4台未満の場合は不成立とする。

  その場合、エントリー料は全額返却される。        

参加希望者は、参加申し込みをされた時点で参加受理となります。

参加受理された後、参加者の都合によるキャンセルの場合は1週間前まででしたら事務手数料の2,000円を差し引いた料金を返金いたします。1週間を過ぎてのキャンセルの場合はいかなる理由があっても参加料金は返金いたしません。

参加者は当日レースに参加されなかった場合でも参加料を支払う義務を負います。

 

 

レースの中止

悪天候等の特別な事情が生じた場合、主催者はレースを中止することができる。

 ※前日の予報で台風・大雨等の予報が発表された場合、中止とさせて頂きます。

レースを中止した場合の参加料金の返金は下記の通りとする。

  1.レース中走行が1度も行われなかった場合・・・全額返金

  2.走行が行われた場合                    ・・・返却しない

            

施設・レンタル車両について

・車両又は施設(バリア・カラーコーン等)を破損した場合は例え故意でなくても各参加者の自己負担となる。

 

 

第3章 競技に関する規則

 

自動計測装置(トランスポンダー)レンタル料について

マイカートクラスに参加の方でMYLAPS製のマイポンダーを持っていない参加者は、トランスポンダーレンタル料1,000円を別途エントリー料に付加されます。

万が一、紛失されたり破損された場合は31,500円を弁済していただきます。

 

最低重量(ウエイト)

下記の条件に当てはまるマイカートクラスの方はレース中ウエイトを必ず搭載すること。

マイカートクラス・・ 最低体重を65kgに設定します。体重、装備を足して65kgに満たない方はウエイト

                   を搭載すること。但し、最高搭載量は10kgとします。 
                 女性ドライバーのウエイト搭載は免除いたします。

ウエイトハンデ・・・・上位1~3位のドライバーはウエイトを搭載する。
                 1位・・・3Kg  2位・・・2Kg  3位・・・1Kg
                 最大9Kg(各自3戦参加後時にウエイトをリセットできる。)
                 第10戦(最終戦)はノーハンデとします。

           最低重量145kgとする。60歳以上の方は免除とする。

           ウエイトは参加者で用意する。

※ウエイトを取り付ける場合、ウエイトはすべて固形の材料の物で必ず6㎜以上のボルトとロックナットでシート

 又はシャーシに取り付けなけれまならない。

             

 

 

 

公式練習

 公式練習時間

各クラス          10分間 

 

タイムトライアル

全クラスとも参加する全ての参加者はタイムトライアルに参加しなければならない。参加しない場合は、タイ       ムトライアル失格とし、予選ヒート最後尾スタートとなる。

5分間のタイムアタック時間を設け、その時間内でのベストラップを採用する。

ベストタイムが同タイムの場合はセカンドタイムを採用する。

セカンドタイムも同タイムの場合、先にタイムを記録した方を優先する。

レンタルカートクラスはタイムトライアル中、タイヤを温める行為、蛇行運転、故意の漕ぎ行為をした車両はペナルティーを科す。

 

予選ヒート

予選ヒートのグリットポジションはタイムトライアルの結果による。

周回数

各クラス       予選ヒート 10周

 

決勝ヒート

決勝ヒート1のグリットポジションは予選ヒートの結果による。

両クラス共、決勝ヒートは2ヒート制とする。

決勝ヒート2のグリットポジションは決勝ヒート1でのベストタイムが上位の方から順となる。

周回数

  各クラス      決勝ヒート1.2共        12周

レンタルクラス参加者が11名以上の場合 

(A/GはAグループ B/GはBグループの略)

例:11名参加の場合

・公式練習

A・B2グループに分けて走行

・タイムトライアル

公式練習の走行順で決定

A/G 公式練習A/G6名

B/G 公式練習B/G5名

・予選ヒート

A/G タイムトライアル上位6名

B/G タイムトライアル下位5名

・決勝ヒート1

A/G 予選ヒートA/G上位4名+予選ヒートB/G上位2名

B/G 予選ヒートA/G下位2名+予選ヒートB/G下位3名

・決勝ヒート2

A/G 決勝ヒート1A/G上位4名+決勝ヒート1B/G上位2名

B/G 決勝ヒート1A/G下位2名+決勝ヒート2B/G下位3名

AグループからBグループに入れ替えをする場合は11名以下の場合最高2名まで

12名以上の場合最高3名とします。又、逆の場合も同。
グリッド順はAグループから順とする。

 

スタート

1. スタンディングスタート

① 各クラス、スタンディングスタートとする。

② 合図によりピットロードからコースインし、全車グリットに付いた後、1周のフォ-メーションラップを行い、全車グリットにつく。また、フォーメーションラップ中にスピン、タイヤを温める行為(マイカートは除外)をおこなった車両はペナルティを科す。(最後尾スタート)

③ 信号燈によりスタンディングスタートとし、フォーメーションラップ後、全車グリットに付いた時点で信号燈が点燈する。

2. ジャンプスタート

① ジャンプスタートがあった場合は、2コーナー又は3コーナー付近で赤旗で知らせる。

② ジャンプスタートをした車両はペナルティーとして最後尾スタートとなりその車両があったグリットは空けて    おく。

 

レース終了

決勝ヒート着順1位のドライバーがフィニッシュライン通過後2分以内にカートが同ラインを通過したドライバーに対してチェッカーフラッグが振られる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイカートクラス車両規則

基本的に2018年度K-TAI 特別規則書に準ずる。

リーズ参戦(途中参戦でも同)までにエンジンの車検し封印を必ずすること。(封印は主催者で行う)

2019年度よりGX270は使用を禁止する。

必ずゼッケンを前後左右つけること。番号は前年度シリーズ1位の方は1をつけること。それ以外の方は希望ナンバーでOK。但し、希望番号が重なってしまった場合は主催者側で調整いたします。また、シリーズ途中で番号を変更した場合は獲得したポイントは無効となります。

   下記以外の車両規則に関しては【JAFカート規則】に基づく。

シリンダーの変更

×

シリンダーヘッドの加工

×

ピストンの変更・加工

×

フライホイールの加工・変更

×

マフラーの変更・加工

×

キャブレターの変更・加工

エアクリーナーの変更・加工

(パワーフィルター必備)

駆動系の変更

ブレーキの変更

(フロントブレーキは不可)

 タイヤ

 

レインタイヤ

(サイズは自由)

ブリジストン HF・ヨコハマED・ダンロップ DRK-SP

チェーンガード

自由

フレーム

必備

大型リアバンパー

市販品

サイドボックス・フロントスポイラー・フロントパネル

必備

ゼッケン

ベース 黄色 文字 黒

 

ゼッケンナンバーは 車両前方、後方、左右4ヶ所に必備とし、前方はフロントパネルを利用し、後方はリヤバンパーに装着するものとする。競技ナンバーは、定められた形状のものを取り付けなければならない。    

 

 

 

 

 

 

注意事項

1. マフラーはr-kart製で【r-マフラー】・【r-SPマフラー】に限る。マフラーの改造禁。r-SPマフラーの場合は既定のバッフル必須

2. 音量の大きい物、車体の全幅、全長、全高よりはみ出した取り付けは不可。

音量規制  ㏈以下(それより大きい場合は走行できません。)

3. 参加車両は緩み止め防止の為、各締め付け部にはワイヤーロックを必ずすること。 

    ※ドレインボルト、オイル注入口

   注)ワイヤーロックはボルトの締まる方向に引っ張って固定し、ステンレスワイヤーを使用すること。

3. キャッチタンク

   フロート付きキャブレター、ブリザーホースにはそれぞれ必ずキャッチタンクの装置を義務つける。

 

タイヤコントロール(マイカートクラスのみ)

雨天時主催者がレイン宣言をした場合、レインタイヤを装着しなければならない。

この時、レインタイヤを装着していない車両はそのヒートを失格とする。

主催者は「レイン宣言」と「レイン宣言解除」をおこなう。

ドライ宣言が解除された場合のタイヤ選択は自由とする。

     ※車両違反が発覚した場合、即失格とする。

  ※部品の脱落は重大事故の原因になる場合があるので十分に注意すること。

   上記の内容に追加・変更になる可能性も有り。

 

成績決定及び章典

1. 決勝ヒートの順位によって決定する。 

2. 内容は全クラス下記の通り。 

   レンタルクラス、マイカート

  1位  盾、シャンパン

  2位  盾、シャンパン

  3位  盾、シャンパン

3. 章典は決勝出場台数が少ない場合、次のように制限される

各クラス  

  3名以下 1位まで 4名以下 2位まで  5名以上 3位まで  4台以下 2位まで  5台以上  3位まで

 

 

 

 

 

 

シリーズポイント

シリーズポイントは決勝ヒートの順に応じて下記の通り与える。

1. 決勝ヒート1.2共

 1位:25P  2位:22P  3位:20P   4位:18P   

 5位:16P  6位:14P  7位:12P   8位:10P  

 9位: 8P  10位以下: 6P  

・各クラスタイムトライアル1位の者には+1Pを与える。

2. 決勝ヒート1.2ごとにポイントを与え、章典は決勝ヒート1.2の合計ポイントで決定する。 

3. シリーズポイントは決勝レース完走者(規定周回数の50%以上完走した者)のみに与えられ不完走者、失格者及び不出場者には与えられない。

4. シリーズポイントは全戦の合計ポイントで決定し全戦の60%以上に値する数のレースに参加した場合に有効ポイントとする。

5. 同ポイントの場合は下記の通りとする。

① 上位入賞回数の多い方。

② 決勝ヒート2中のベストラップが速い方。(各戦のみ) 

③ ポイント、上位入賞回数とも同じ場合、最終戦の成績が上位の方。

④ 出場回数の多い方。

 

シリーズ章典

 

レンタルクラス、マイカート

1位

2位

3位

トロフィー、副賞、シャンパン

トロフィー、副賞、シャンパン

トロフィー、副賞、シャンパン

※シリーズ副賞は各クラス1レース当り平均出場台数が5台以上の場合に限る。

 

 

 

 

 

 

第4章 各レース共通の厳守事項・注意事項

 

走行中の厳守事項

主催者が反則又は妨害と見なしたものについてはペナルティーか科せられる。

コース上はいかなる理由があっても逆走してはならない。但し、オフィシャルの指示のある場合はその限りではない。

ショートカットでコースへ復帰してはならない。仕方なくショートカットをしなくてはならない場合はオフィシャルの指示に従うこと。

コース上でなんらかの理由で停止した場合ドライバーは速やかにその車両をレースの妨害にならぬ様適切な場所へ移動し安全確保に努めなくてはならない。その時、ドライバーはヘルメットを脱いではならない。又、オフィシャルの指示に従わなければならない。これを違反した場合、ペナルティーを科す。

 

その他・注意事項

参加者は自身だけでなく他の参加者、観客などすべての人が楽しくレースを楽しめるように心がけてください。

主催者側は参加者すべてが良識を持って参加しているものと見なし、レースを運営します。

レースの運営を阻害する行為、他の参加者に迷惑をかける行為等があった場合には主催者の権限で即時退場、以降レースへの参加の拒否等の処分を行います

レンタルクラスの方は必ず長袖、長ズボン、くるぶしまで覆う靴、手袋を着用すること。

雨天決行時、カッパ等の衣服は各自で用意してください。(有料 600円)

 

出場者の厳守事項

ピット・パドックエリアはすべて火気厳禁とする。

喫煙は所定の場所を除き厳禁とする。

これを違反した参加者及び参加者のチームはペナルティー若しくは退場を科し失格処分とする。

ピットロードは基本的に立ち入り禁止とする。万が一怪我をされても一切の責任は持ちません。

ピットサインは主催者の指定するところで行うこと。

参加者はレース中、他のレース中に関わらず薬物、飲酒などによって精神状態をつくろったりしてはいけない。

これを厳守しない参加者及び参加者のチームは退場を科し、失格処分とする。すべての参加者はレース中レース以外に関わらず明朗かつ公正 に行動し、言語をつつしみスポーツマンシップに則ったマナーを保ち主催者や他の参加者に対し、名誉を傷つけるような言動及び行為をしてはならない。

決められた場所以外では部品交換、修理、点検、給油等の行為等をしてはならない。

コース内には参加者自身がレース中以外は参加者の何れも進入してはならない。但し、主催者が認めた場合は可。

 

ペナルティー

本規則に対する違反があった場合は主催者が決定する。

違反の内容によって、ドライブスルー、周回数の減算、失格等が科せられる。

ペナルティーの対象は以下の通り。

① フラッグ無視

・黄旗中の追い越し、スピン、徐行違反

・黒旗無視  3周提示してもペナルティーエリアに入らない場合は失格

・青旗無視  3周提示しても後方車両に進路を譲らない場合は失格

・その他のフラッグ無視

② 故意のプッシング、ブロッキング、走行妨害

③ コースショートカット

④ タイヤバリア及びパイロン接触(スピン、クラッシュ時は可)

⑤ 故意の縁石内(芝生等)土手への侵入乗り上げ

⑥ ピットロード徐行違反

⑦ コース上の急停止、急減速

⑧ スタート時のフライング

⑨ ウォーミングラップ中のタイヤを温める行為(レンタルクラス)及びスピン(練習・T/T時も)

⑩ コース上で故意にカートを漕ぐ行為(レンタルクラス)

11 服装装備義務違反(ヘルメットのあご紐等)

12 逆走

13 コースイン・コースアウトの合図

14 レース中、他のドライバーを非難等する行為(指を刺す等)

15 指定場所以外での整備作業、給油

16 エンジン停止違反

17 指定場所以外での喫煙

18 その他大会規則に反する行為

19 スタート時ブルーシグナル点灯前にアクセルON(レンタルクラス)

 

失格

① 他の参加者の安全を省みずおこなった行為

② オフィシャルの提示を故意に無視した場合

③ ペナルティーとなる行為を繰り返した場合

④ ダブルチェッカー

⑤ 無謀な追い抜き・追い越し

※上の行為や他の参加者に迷惑をかける行為や主催者を非難する暴言(カート等ぶつける、壊す等)があった場合、即時退場、以降レースへの参加拒否等の処分をおこなう。

 

抗議

抗議はレース終了30分以内に主催者に書面を持って抗議料(10,000円)を添付の上伝える。

     この時、当事者同士での話し合いはトラブルの原因になるので必ず主催者に伝えること。

  ※守らない場合は、失格又はレース出場停止処分と科す。

裁定は関係当事者にのみ口頭で通告する。

裁定に関しての抗議は受け付けない。

車両に関しての抗議は一切受け付けません。

 

 

フラッグ・ボード及びシグナル

1. レース中、参加者は大会スタッフの指示に従わなければならない。

① コントロールラインで使用されるフラッグとシグナル

シグナル  ・・・・・・レッドシグナル点燈後レッドシグナルが点燈し、最後にブルーシグナル

              点燈でスタート            

チェッカー ・・・・・・レース終了、ゴール         

黄旗     ・・・・・・・危険、減速、追い越し禁止

赤旗     ・・・・・・・(1)ミススタート

                      (2)レース又は予選レースが中断され全てのドライバーは最大限の注意と慎重さを

                 持ってコースを1周しコントロールラインに戻る

緑旗    ・・・・・・コースクリア

黒旗      ・・・・・・ペナルティー(車両番号と共に提示)

オレンジボール ・・・・車両トラブル(部品の脱落・損傷等)服装不備(ヘルメットのあご紐等)車両番号  

               と共に提示

青旗  ・・・・・・・・・後方より速いカートが近づいて追い越そうとしている車両があり、追い越す可能性    

               がある。

車両番号  ・・・・・・・黒旗及びオレンジボールと共に提示

② 各コーナーで使用されるフラッグ

黄旗   ・・・・・・・・危険、減速、追い越し禁止

赤旗   ・・・・・・・(1)ミススタート
                 (2)レース又は予選レースが中断され全てのドライバーは最大限の注意と慎重さを持           

                     ってコースを1周しコントロールラインに戻る。

  青旗   ・・・・・・・後方より速いカートが近づいて追い越そうとしている車両があり、追い越す可能性が   

              ある。    

  緑旗    ・・・・・・コースクリア

 

ピット・パドック・駐車エリアの使用に関して

ピット・パドックは火気厳禁。タバコ等火器を取り扱わない事。

ピット、パドック使用後は責任をもって清掃すること。オイル・ガソリン等をこぼした場合必ずふき取ること。

場内で処分できるゴミは、燃えるもの(紙、ビニール)、空き缶、ペットボトルに限ります。

その他の粗大ゴミ等はお持ち帰り下さい。(廃タイヤ・カウル等プラスチック部品)

必ず指定のゴミ箱に分別して入れること。オイル缶、スプレー缶は自動販売機脇のごみ箱には捨てないこと。

 

主催者の責任

全参加者、ピット要員は主催者が一切の損害賠償の責任を免ぜられる事を知っておかなければならい。

主催者はその職務に最善を尽くすことは勿論であるがもしその行為によって起きた事故であっても全参加者、ピッ ト要員及び車両(マイカート等)の損害に対して主催者、オフィシャル、各関係者は一切の保障責任は負わないものとする。

 

主催者の権限

大会スポンサーの広告を参加車両に貼付させることができる。

全ての参加者、ピット要員及び参加車両の音声、写真、映像などの報道、放送、出版に関する権限を有し、この権限を第3者が使用することを許可できる。